株式会社パワーエックス

電気運搬船

Power Transfer Vessel

2025年までに「電気運搬船」を設計、製造。
自然エネルギーを船で輸送する。

Power ARK 100

船長
100.5 m
船幅
21.9 m
喫水
6.5 m
DWT
3,200 MT
航行可能距離
100 - 300 km(電力推進のみの場合)
速度
巡航 : 10ノット  
最大 : 14ノット
搭載電気容量
222 MWh

電気運搬船のメリット※1

1,海に接する場所ならどこにも電気を輸送できる。2,設置&稼働開始までの時間が海底ケーブルよりも短い。3,送電先と送電タイミングを選ぶことができる 。4,環境への影響を最低限に抑えられる 。5,初期導入コストが海底ケーブルより安い。6,売電やグリッドへの放電タイミングを自由に選択可能。7,災害時に強い。

電気運搬船

※1 海底送電線と比較をした場合※2 港 / 洋上風力発電所

発電所の設置が可能な
場所が広がる

  • Onshore Converter/SubstationOnshore Converter/Substation
  • Power Transfer VesselPower Transfer Vessel
  • Offshore Wind FarmOffshore Wind Farm

flow

Increased flexibity of OWF locationIncreased flexibity of OWF location, ※Current OWF area(〜30km offshore with undersea cables)

電気運搬船によって、洋上風力発電所や海を隔てた陸地で発電された
自然エネルギーをバッテリーに溜めて、長距離送電を実現する、
これまでにない新しい概念の送電技術。

洋上風力の発電可能
エリアを沖へ拡大

  • 現状洋上風量発電が可能な〜30km範囲の沖のエリア
  • 〜200km沖まで広げられた場合の風力発電可能エリア
  • 〜500km沖まで広げられた場合の風力発電可能エリア

さらなる遠距離
電力運搬も可能

バイオディーゼルなどの併用でさらなる遠距離化が可能。
国境を超えた大陸間のクリーンエネルギー輸送などの実現も可能。

Power ARK 100

プロトタイプ1号艇

設計製造進行中。2025年完成予定。

Page top